<重い精神疾患>22年短命に 東大チーム調査

病気・医療

  • 363
  • 1
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.08.26 UPDATE

重い精神疾患の人は一般の人と比べて心筋梗塞(こうそく)などの心血管疾患と自殺で亡くなるリスクが高く、平均で22年短命になっているとの調査結果を、東京大病院の近藤伸介助教(精神神経科)らの研究チームが英国の精神医学専門誌に論文発表した。国内でのこうした調査は初めてで、英国や北欧の調査結果と傾向が一致しているという。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

精神疾患、といってもいろいろありますし、その重症度も様々です。精神疾患と直接関連しそうな自殺だけが原因というわけではなく、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患や、糖尿病などの生活習慣病などにもかかりやすく、死亡率が高いといわれています。もちろん体の持病があることで後から精神疾患を発症した人も含まれるのかもしれません。

短命である理由として記事にある以外で大事だと思うのは、精神疾患のない人と同じような医療を受けられていないかもしれない点です。精神疾患のある人の中には自分の健康へ注意を払うことが難しかったり、検査や治療を受けたがらない人もいます。精神科の医師にはそれほど体の病気に詳しくなかったり関心がない人もいます。精神科以外の医療スタッフは精神科の患者さんに慣れていなかったり、苦手意識を持っていることもあります。

論文は英語ですが、全文が読めます。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5553043/

日本語でプレスリリースが出ているので記事よりも詳しく知りたい人は東大病院のHPからPDFで読むことができます。
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/press/press_archives/20170810.html

論文はshort reportというわずか3ページの短いものであり、対象とした患者数も254人と少なく、掲載された雑誌も特にレベルの高い雑誌というわけではなく、研究の質が高いわけではないのでこの結果の解釈には慎重であるべきですが、非常に重要でインパクトのある論文であり、この格差がなくなるようにいろいろやっていかないといけないですね。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です