「バーベキューで食中毒」 防ぐための7つの鉄則

食事

  • 234
  • 1
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co yahoo!ニュース 2017.08.16 UPDATE

夏のアウトドア料理の定番といえば、バーベキュー(BBQ)。しかし、気温が高い中でのバーベキューは、食材の扱いに注意しないと食中毒を引き起こす危険があります。食品中の有害な細菌の増殖は、周囲の温度が4度から60度までの範囲で盛んになります。夏のバーベキューには、食中毒予防対策が欠かせません。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

BBQ!定番ですよね。そんなBBQの際に注意する事項が以下7点まとめられています。まあ確かにそうだよな・・・という項目ばかりなのですが、当たり前のことをついつい疎かにしがちですので、一度参照されてみては。

(1)こまめに手洗いを
(2)生の食材と調理済み食品は厳格に分ける
(3)食材をマリネしたら冷蔵保存
(4)肉や魚介類は十分に加熱する
(5)調理済みの料理を2時間以上放置しない
(6)温かい料理は60度以上をキープ
(7)冷たい料理は4度以下をキープ

どうも7項目を見ると温度管理の問題が結構あるようですね。温度管理に関連して、近藤先生がHealthNudgeでも指摘していますし記事中にも言及がありますが、一晩寝かせたカレーなども要注意です。http://healthnudge.jp/11958

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です