不安や怒りをすっきり吐き出す「呼吸法」教えます

リフレッシュ

  • 447
  • 2
  • 0

favicons?domain=diamond ダイヤモンド・オンライン 2017.08.16 UPDATE

15028641849380vJgJqL

「不安」は気にしだすとどんどん大きくなります。不安が小さなうちに、呼吸と一緒に吐き出してしまいましょう。新著『忘れる力』を出版した臨済宗 全生庵住職の平井正修氏が、ストレスで波立つ心を穏やかに保つ禅の呼吸法を教授します。

記事全文を読む

1490102034d5e678e3e9e966e52d38fdcad4e62406

長友 亘

株式会社キャンサースキャン アソシエイト 東京大学医大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 客員研究員 MPH(公衆衛生学修士)

呼吸で不安を流す、というところに焦点を置いて、禅(あるいはマインドフルネス)の基本的な考え方を説明した記事。とても読みやすく、日常に取り入れやすい形で書かれているなと感じました。

情報社会とも言われる昨今、情報の処理に追われて、普段の生活で呼吸に意識を置くことはほとんどないのではないでしょうか。
わが身を振り返ると、最近「呼吸していた!」と自信をもって言える瞬間が記憶がほとんどなく…呼吸していたんだろうか、と不安になってきました。

意識せずともしている“はず”の呼吸ですが、ちょっとしたときに意識して呼吸してみると、心に余裕が生まれるのかもしれません。日常に少しずつ、「意識して呼吸する」瞬間を取り入れられるといいですね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です