重症低血糖で搬送、年2万件…薬の誤使用原因か

病気・医療

  • 228
  • 1
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co ヨミドクター 2017.08.15 UPDATE

薬で治療中に血糖値が下がりすぎる糖尿病患者の「重症低血糖」で、年間の救急搬送数が約2万件に上る可能性があることが、日本糖尿病学会による初の実態調査で分かった。同学会は、高齢などで低血糖を起こしやすい患者の重症化予防に力を入れる。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

糖尿病患者さんでは、血糖を下げるホルモンであるインスリンが膵臓から十分に出なかったり、インスリンの効果が出づらかったりして、血糖が高くなってしまい、体の多くの臓器などに悪影響がみられるようになります。

治療としては食事を気を付けたり、運動をしたりすることが大事です。糖尿病だから甘いものだけを気を付けるのではなく、全体的に食べ過ぎないことや、ごはん・めん・パンなどの主食類を食べ過ぎないことが必要です。

さらに飲み薬やインスリンの注射で血糖を下げていくのですが、血糖が下がり過ぎると低血糖を起こし、重症になると動けなくなったり意識がなくなったりします。
糖尿病情報センターに一般の方向けの低血糖の説明が詳しく載っています。
http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/040/050/05.html

糖尿病の治療の指標は血糖ですが、低ければ低いほどいいというわけではありませんし、高齢の方や飲んでいる薬やインスリンが多い方は注意したほうがよさそうです。

自分も低血糖の研究をしていたので興味があったのですが、今回の研究に関する論文や詳しいデータは見つけられませんでした。

手前味噌で恐縮ですが、低血糖で入院した日本の糖尿病患者さんを研究したところ、推定で年間2万人が入院しており、40歳未満または70歳以上の方が低血糖で入院する危険が高く、低血糖が原因とは限りませんが入院中の死亡率が3.8%であることがわかりました。以下に日本語の概要へのリンクをはっていますのでよければどうぞ。今回の研究とは方法も異なりますし、重症低血糖で搬送された人が全員入院するわけではないのですが、論文が見つかったら読んでみたいなと思いました。
http://www.ncgm.go.jp/news/2015/pdf/20150722_1.pdf

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です