6人に1人が該当?「難聴」が認知症のリスクに

病気・医療

  • 157
  • 1
  • 0

favicons?domain=news.yahoo.co yahooニュース 2017.08.08 UPDATE

7月、権威ある専門誌Lancet(ランセット)に、認知症の予防や治療などに関する最新の知見をまとめた論文が掲載されました(※1)。  注目なのは「難聴」が認知症のリスクとされたこと。人の話し声などが聞こえにくくなる状態です。論文では、仮に難聴になる人を完全に無くせたとしたら、認知症を今より9%も減らせると指摘しました。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

難聴が認知症のリスクになる可能性についての研究紹介記事です。

その理由として、コミュニケーションがうまくいかず孤立につながることと、聞き取るために一生懸命になり脳が疲れてしまうことが考えられると論文の著者は考察しているようです。

孤立につながる話は私も日々感じています。耳が遠い高齢の方が、周りが言っていることがよくわからないので適当に相槌を打ったり、「この人は話が通じない」と周りの人から疎ましがられたりとしているうちに他人との対話や人に会うこと自体を避けるようになってしまう状況をよく見かけるからです。

日本では補聴器やメガネなどの補助機器が医療保険、介護保険で賄われません。そしてどちらも高価なものです。結構重要なものだと思うのですが。

難聴のチェック法などもわかりやすく解説されているいい記事です。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です