「ボケたんじゃない?」は禁句! 医師に聞いた認知症の親を病院に連れて行く方法〈dot.〉

メンタル

  • 194
  • 3
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co yahooニュース 2017.08.08 UPDATE

家族の認知症を疑っても「病院に連れて行く」のはハードルが高いもの。傷つけず診断に結びつけるにはどんな方法があるのだろうか。週刊朝日MOOK「家族で読む予防と備え すべてがわかる認知症2017」では、どうしたら家族を病院に連れて行けるのか、医師に尋ねた。

記事全文を読む

1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78

安藤絵美子

大阪大学 社会医学講座環境医学 特任助教/大阪国際がんセンター がん対策センター 疫学統計部 特別研究員, 公衆衛生学修士

5つの方法が紹介されています。
(1)まず「かかりつけ医」に相談
(2)いきなり「精神科」はNG
(3)家族の健診に同行してもらう
(4)保健所の健診に誘う
(5)訪問診療してもらう
ぜひ記事を読んでいただいて、ご本人やご自身の状況に応じて使ってみていただきたいです。

また、
- 家族にウソをつくのではなく、『物語を作る』と考えてみる。
- それでも拒絶する場合は、あせらないほうがいい(押してダメなら引いてみる)
- 日頃一緒にいない第三者の提案は受け入れられやすい(遠方で暮らしている子ども、友達、ケアマネージャーなど)

というアドバイスも。
長年の臨床現場の知見と、先生のお人柄がよくわかる記事でした。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です