救急ドローンでAEDを現場に直送、到着時間は救急車の4分の1に

病気・医療

  • 750
  • 0
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.07.05 UPDATE

 街角で近くの人が急に倒れ、触れてみたら脈がない。救急車を呼んで心臓マッサージをしていたら、数分とたたないうちにAED(自動体外式除細動器)を積んだドローンが飛んできた。すぐにそのAEDを使っていたら、まもなく救急車が到着、後を引き継いでくれた。幸い、倒れた人も後遺症が残らずに一命を取り留めたようだ――。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

革新的なテクノロジーは、常識を一瞬で変えてしまう力を持ちます。

例えば、IT技術を用いた遠隔医療が現実化すれば、医療アクセスの問題の解決への糸口がありそうです。
マンパワー重視な技術や制度に比べ、システムや機器による技術制度は、その労働力の確保や質・安全の担保の面において一定の利点があるように思います。

AEDへのアクセスも、「設置場所を探して取ってくる」というプロセスの代わりに「遠隔から届けてしまえ」、という発想は、今回の記事以外にも以下のメリットがあると思いました。
①取りに行く人がいなくても、一人でも、AEDを使って心肺蘇生ができる
②AEDを取りに行く時間のばらつきが軽減され(場所を知らないと、より時間がかかる。足の速さ遅さ、などの要因)、AEDへのアクセス時間が担保される。(もちろん、発生場所ごとの違いはありますが)

新しい科学技術応用は、なんでも安易に導入するわけではなく、社会的・倫理的な観点などは十分に吟味しなければなりません。本ドローンも、飛行安全面や、届かなった際の責任の所在等々議論すべき点は残っています。

しかし、近年の医療技術+工学技術の躍進には、未来の医療の形に想像が膨らんでしまいませんか?

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です