ストレスをなくさなくてはどんなに休んでも意味がない。医師が警告する現代病。

メンタル

  • 732
  • 3
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.06.21 UPDATE

「休みたい」そう嘆く人は多いはずだ。けれど、ただ「休む」だけでは心身の回復は見込めないーー自律神経研究の第一人者である小林弘幸氏はそう言う。『自律神経が整えば休まなくても絶好調』(ベスト新書)が話題の小林氏に聞く、本当の休み方。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

ストレスが体の不調の元凶だから、体を休めても解決しない、と言っています。

確かに、「ストレスは万病のもと」という側面はありますが、ストレスが全くない人もおそらくいないでしょうし、どのように付き合っていくかを考えることが大切です。記事にするのであれば、不安だけを煽るのではなく、そこまで言及してほしいなと感じました。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です