加熱式たばこ、吸っていいの? 禁煙巡り対応ばらつく

健康・予防

  • 928
  • 1
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.06.12 UPDATE

火を使わず、煙や臭いが少ない「加熱式たばこ」を紙巻きたばこと同様に禁煙の対象とするかどうかで、飲食店や自治体の対応が分かれている。加熱式の位置付けを規定するはずだった受動喫煙防止強化の法案提出が今国会で見送られる方向となり、当面は個別の判断にゆだねられる。禁煙推進団体などが対策を求める一方、たばこメーカーは「健康上のリスクはあるが、有害な化学物質はほとんど検出されない」と紙巻きとの違いをアピールしている。

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

 最近注目されてきている加熱式たばこの健康影響と規制に関する記事です。

 たばこ会社の主張としては、燃焼式たばこに比べて加熱式たばこは有害物質が少ないとのことです。ただし、有害物質が少なくなってもゼロではなく、健康への悪影響がどれほど減るか分かりません。また、燃焼しないことによって、新たな有害物質ができているかもしれません。たばこ会社ですら健康への悪影響が少ないという表現にとどまっているように、加熱式たばこを吸ったら、非喫煙者より健康になることはありません。健康が気になる人は、加熱式たばこであっても吸わないべきでしょう。
 また、規制についても意見が分かれていますが、加熱式たばこによる健康影響の程度がわかるまでは、燃焼式たばこと同じ基準で規制すべきでしょう。現時点で規制を緩めると、仮に今後加熱式たばこが体に悪いとなった場合に責任がとれるのか、補償はどうするのかという問題が発生するはずです。

 がんや脳卒中、心筋梗塞など、たばこが原因で起きる病気の多くは吸い始めてから20年以上後に発生します。これらの病気が減るのかどうか、他の病気が増えることがないのかを検証するためにも数十年かかります。自分の健康が気にならない人は、実験台として加熱式たばこを吸ってもらい、健康影響がどの程度のものか検証してもらえたらと思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1437467966ae49bd8bd6234b413a1bf3949e6d4fe4

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です