社会保障の損得、世代間でどれくらい違うの? 【教えて!格差問題】 - ファイル - アピタル(医療・健康)

病気・医療

  • 702
  • 9
  • 1

favicons?domain=apital.asahi 朝日新聞デジタル(アピタル) 2015.05.09 UPDATE

(2015年3月25日朝日新聞デジタル(アピタル)より) 経済学に「財政的幼児虐待」という言葉がある。世代間格差を研究する米国の研究者が使って広まった言葉で、若い世代やこれから生まれてくる子どもほど、とてつもない借金を背負わされる、という意味だ。  かつては税金や保険料を納める働き手がたくさんいたから、お年寄りの老後を支えることもできた。1950年には65歳以上の高齢者1人に対し、現役世代(15~64歳)は12人いた。それが、今は2・5人しかいない。その分、若者に負担が重くのしかかる。

記事全文を読む

14494684818302b153f29e05ae1da7495c5bf8f38f

渡邊亮

神奈川県立保健福祉大学ヘルスイノベーションスクール設置準備担当 

格差を縮小することは社会の安定に繋がり、実は低所得層以外の方にも大きな恩恵があるという考え方もあります。目先の利害のみにとどまらず、大局的な視点で社会保障や格差の在り方を考えたいと思います。

  • 9
  • /
  • 専門家のいいね!6
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 142735085000caa3fbdf789c1202e7a082a746ac31
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14264914291c1b81d1c179b677be464f4299d40394
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • 14266691833e6fbbac9360605e06ee1337eb2adcac
  • 1427272680237c8678367d5fcf60a0c5cab9e115ad
  • 1426731572747f405f9a05b1b91ff104cbf3c4de04

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です