笑わない米ミレニアル世代、「歯の問題」は就職にも影響 (Forbes JAPAN)

健康・予防

  • 515
  • 5
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.05.10 UPDATE

笑顔を見せないミレニアル世代の人がいたら、それにはそれなりの理由があるのかもしれない。米国歯科医師会(ADA)の調査結果によると、米国の「笑わない」若者たちは、苦痛の世界に生きているという。歯の痛みだけでなく、歯の状態が悪いことによる不安も抱えているのだ。

記事全文を読む

1434698910e4ed046bbb708fd8d9b605308ff72653

相田潤

東北大学 大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野/臨床疫学統計支援室 准教授 歯科医師 博士(歯学) MPH

歯科の治療費が高くて、若い人が受診しにくいのは、アメリカらしい話ですね。(一方で歯科医師はアメリカではとても儲かる職業の一つですが・・・。)
歯科疾患は世界で最も多くの人が罹患する病気の一つです。それにもかかわらず、アメリカをはじめとして多くの国々では、歯科治療では一般的な保険がきかず、治療費が高額となることがあります。この記事にあるように、アメリカでは雇用主を通じて入る一般的な医療保険の約7割が歯科治療をカバーしていません。また、国民皆保険制度が存在しても、歯科治療があまりカバーされていない国もあります。実は日本では健康保険で多くの歯科医療がカバーされており、かなり安く歯科治療が受けられるのです。
しかしながら治療が安く簡単に受けられる反面、日本では歯科疾患の予防に関する施策や意識が、海外よりは進んでいない面もありそうです。病気になる前の予防にも、意識を向けたいですね。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です