潮干狩り穴場、貝毒ご用心 淀川でも発生「採っても食べないで」 (産経新聞)

食事

  • 530
  • 1
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.05.03 UPDATE

気温が上昇し、週末やゴールデンウイークを利用した潮干狩りを楽しむシーズンを迎えている。ただ、大阪湾では春先からアサリやシジミの「貝毒」が発生。毒が蓄積した貝を食べると最悪の場合、死に至るケースもある。潮干狩り場では安全な持ち帰り用の貝を準備しているが、淀川下流などの“隠れスポット”で無料で貝採りに興じる人も多く、大阪府などが注意を呼びかけている。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

貝毒、知りませんでした。

有毒プランクトンが多くなると、貝に蓄積されるのですね。貝の食中毒の原因の一つにノロウイルスがありますが、十分な加熱で防止できます。貝毒は加熱でも毒性が失われないのは大きな違いですね。

市場に流通されている貝は、管理されていますので心配ないそうです。
潮干狩りの貝をおみやげとしていただく機会もあるかと思います。その海域の貝の状況をきちんと調べることも必要だな、と学びました。

厚生労働省 貝毒の解説ページ
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/animal_det_10.html

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 1451448995kXg5b2uZw1

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です