グループの人間関係で疲れる人・成長する人の違い (All About)

メンタル

  • 1,407
  • 5
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.05.01 UPDATE

新規部署の立ち上げ、スクールへの入学、PTAや自治会、サークルの発足など、新しいグループができたときには、同じ目的に向かって頑張っていきたいものですよね。しかし、まだ慣れないうちには、 「見かけは優しそうだけど、クセの強い人たちかも?」 「積極的に発言すると、リーダー役を任されそうでやだな」 「そのうち、自分だけ仲間外れにされたらどうしよう」 というように、気を揉んでしまうものです。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

この記事は、「2:6:2の法則」をうまく利用した行動について書かれています。

規模に関わらず、人は集団を形成するとそのうち2割が「イノベイティブな行動派」、6割の「浮動派」、2割が「マイナスな言動すら行う批判派」に分かれます。
たとえその中の「イノベイティブな行動派」で新しい集団を作っても、面白いことに、再び2:6:2になる、という法則です。誰かが行動してくれるなら、元々行動派でも怠ける人が出てくる、という面白い社会学的法則ですね。

集団で物事を成し遂げるには、個人で行動するときにはない工夫や解釈がいります。でも、集団こその力が必要な時、こういった集団の特性を理解して、全体として最大の結果を出せるようにしたいですね。



  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 1479738724k8mXitdEeZ

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です