高学歴・高収入家庭と「子どもの健康食品」の関係〈AERA〉 (dot.)

食事

  • 712
  • 7
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.04.25 UPDATE

体がダルい。どうにも頭が重い。でもはっきりと名前が付く病気というわけではないから、病院には足が向かない。そもそも、平日の昼間に仕事を抜け出す余裕なんかあるわけない。これが、過剰労働社会ニッポンの「現実」だ。AERA 2017年4月24日号では「ダル重」を大特集。あまたある健康ビジネスに踊らされることなく、このダル重を解消するには、どうしたらいいのだろうか。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」で定めている栄養素の基準は、目安としては1日あたりで記載しています。
けれども、この量は毎日必ず取らなければならない量ではなく、数週間から1か月の間にとる平均的な量として示されていることは、この記事の説明のとおりです。

今日は昨日食べていない物を食べてみよう、という食生活を毎日続けていれば、子どもであれ大人であれ、安易にサプリメントに頼る必要はないと思います。
日々の食事を楽しみながら、色々な食品を食べたいところです。

  • 7
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • usericon_noimage
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です