連休で疲れを残さないコツ 変化はストレスと考える (NIKKEI STYLE)

メンタル

  • 625
  • 2
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.04.24 UPDATE

こんにちは、精神科医の奥田弘美です。前回「『変化疲れ』が五月病の原因に 注意すべきはこんな人」では、良くも悪くも「変化」が多かった人や大きかった人は、五月病発症のリスクが高いという話をしました。今回はその後編として、「変化ストレス」を数値化した非常に有名な指標である「ストレスマグニチュード(社会的再適応評価尺度)」(表参照)を紹介します。また、変化ストレスが大きい人にとっての、連休中やそれ以降の過ごし方の注意点についても見ていきましょう。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

新年度が始まって、もうすぐ一か月です。職場が変わらずとも、周囲の人間関係など、自分の周辺環境に何らかの変化があった方が多いのではないでしょうか。

そういった「変化」自体が、「ストレス」である、と記事は言っています。
悲しみや怒りを伴う出来事は、(ストレスだなぁ)と感じますが、楽しいことやうれしいこともストレスになり得る、と指摘しています。

心が忙しい、そんなイメージです。楽しく運動しても、そのあと身体の疲労が来るように、楽しい出来事がたくさんあれば、それだけ心を使っていてそれなりに疲労します。セルフマネジメントとして、自覚することは大事だと感じます。

かくいう私も、なんだか最近眠いです。GWは楽しみつつ、あまり無理しすぎないよう気を付けたいと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • 148406048043ff5b77b24389710d2bd3e88388aa71

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です