友人のSNSに影響され、走る距離増 男性に顕著な傾向

スポーツ

  • 637
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞 2017.04.22 UPDATE

SNSで友人のジョギングの記録を見ると、自分も走る距離やスピードが増す――。米マサチューセッツ工科大(MIT)のチームが分析したところ、こんな傾向がわかった。  英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに19日、論文を発表した。  研究グループは、フェイスブックやツイッターなどのSNSには、腕などに付けた端末で測ったジョギングの距離や速さなどが記録されていることに着目。公開されている約110万人分の記録を調べた。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

友達がいっぱい走っているのを知ると、自分も走るようになるという研究です。

なんとなくそんなふうに感じていた人もいるかもしれませんね。それがデータでも示されたようです。しかも110万人のフェイスブックの記録。膨大なデータ量です。

男女の違いもおもしろいですね。走ることについては、女性は女性の友達しか気にしていない…のでしょうか?

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です