伝わるかで治療に差 「痛み」の伝え方7つのポイント (NIKKEI STYLE)

病気・医療

  • 820
  • 1
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.04.20 UPDATE

つらい痛みに耐えかねて病院へ駆け込み、思いのままに自分の症状を訴えるが、痛みがうまく伝わらない。こんな経験を持つ人は多いのではないか。正確に伝わらないと、診断や治療に時間がかかったり、適切に治療がされなかったりする。うまく医師に伝えるには、どうすればいいのだろうか。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

吐き気、痛み、かゆみ。
パッと見ただけでは、その症状で悩んでいることは周りの人にはわかりません。

その点、皮膚が赤くなっていたり、骨折して腫れたり、発熱、などは客観的に捉えやすい症状です。

だからこそ、痛みを訴える患者さんは自分の症状を言葉で伝える必要があります。
でも、本記事内では「患者の7割が「痛みをどのように伝えたらいいか分からない」」とあります。
分かってほしいのに、わかってもらえない状況は、大変もどかしいですので、
「こんなに痛くて苦しいのに!」と感情的に言いたくなる気持ちには、大変共感します。

「コミュニケーション」とはなんでしょうか?
難しい言葉だけではなく、ジェスチャーや、簡単な言葉、表情、いろいろ使えます。
オノマトペも、然り。
相手のことを分かりたい、分かってもらいたいという「コミュニケーション」の本質に、改めてはっと気付かされた記事でした。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です