薬剤師が解説! 『ロキソニンS』の効果・副作用 (All About)

健康・予防

  • 1,120
  • 0
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.04.18 UPDATE

出先で急な頭痛に襲われた時などに助かるのがドラッグストアで販売されている痛み止め。ドラッグストアで販売されている一般用医薬品の中でもカゼ薬や抗アレルギー薬と並んで需要が高いのがこの痛み止めのカテゴリーです。専門的には「解熱鎮痛薬」と呼びます。

記事全文を読む

149088683124a9722961b004cfb4848a2a1780ff7e

新井 奈々

東京大学大学院医学系研究科 社会医学専攻 医療倫理学 博士課程在学 医師 麻酔科指導医 集中治療専門医 心臓血管麻酔専門医 公衆衛生学修士(MPH)

私自身、ロキソニンには大変お世話になっています。
ロキソニンが市販されるようになって6年ほど経ちましたが、病院に受診せずに利用できるようになり、便利になったな、と思います。

とはいえ、以前は処方薬であっただけに、効果が強い分注意も必要です。もちろん、それは薬全般に言えることですが、期待する効果(効能)と、期待しない効果(副作用)の両方を持ちます。添付文書に記載されているのですが、一見すると怖いこともたくさん書かれていて、(大丈夫かな?こんなの飲めないよ・・・)という気持ちになってしまいます。市販薬なので、医師からの説明もありません。

薬について「正しく理解」し、「安全に使用」するには、やはり薬剤師の持つ専門的な知識が欠かせません! かかりつけの薬局があれば、より相談しやすい環境を持つことができますね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です