ビタミンDとカルシウムでは高齢女性のがんリスクは低下しない?

健康・予防

  • 649
  • 4
  • 0

favicons?domain=www.nutritio 世界の最新健康・栄養ニュース 2017.04.16 UPDATE

閉経後の健康な女性において、ビタミンD3とカルシウムを補充しても、4年後の時点で、プラセボと比較した場合、がんのリスクが有意に低下しないという結果が得られた、という米国クレイトン大学からの研究報告。 米国人の約40%が、人生のある時点でがんの診断を受けるという。エビデンスでは、ビタミンDの濃度が低下すると、がんのリスクが高くなる可能性が示唆されており、ビタミンDに、がんの予防に対する潜在的な役割があることが大きく注目されている。研究チームは、閉経後の健康な女性2,303人(55歳以上で、平均年齢は65歳)を、治療群(1,156人、ビタミンD3が2,000IU/d、カルシウムが1,500mg/d)、またはプラセボ群(1,147人)に、無作為に割り当てた。治療の期間は4年間であった。研究者らは、あらゆる種類のがん(ただし、非メラノーマ皮膚がんは除く)の発症率を調べた。

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

 ビタミンDとカルシウムのサプリを使ってもがんの予防にならないという研究を紹介した記事です。内容は効果なしとのことで残念ですが、信頼できる研究結果です。ただし、アメリカでの研究なので日本で当てはまるかどうかは不明です。

 これまでの研究から、ビタミンDが足りないとがんになりやすいかも、と言われています。だからといって補充したらがんになりにくいとも限らないのが人体の複雑なところです。ビタミンDやカルシウムは骨粗しょう症や骨折予防にいいかもしれないとの話もありますが、がんについては少なくとも大きな効果はなさそうですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です