「大人の発達障害」を疑ったら試したい20のチェックリスト (文春オンライン) - Yahoo!ニュース

メンタル

  • 1,146
  • 0
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.04.15 UPDATE

まずは何も考えず、下記のチェックリストで【A】と【B】のどちらに多く当てはまるか、みなさんチェックしてみてください。 【A】 ・何かをするときは一人でやるほうがいい ・同じやり方を何度も繰り返し用いることが好き ・何かを想像するとき、イメージを簡単に思い浮かべることができる ・自分では丁寧に話したつもりでも、話し方が失礼だと周囲の人に言われることがある ・他のことが全く気にならなくなるくらい、何かに没頭してしまうことがある ・他の人が気がつかないような小さな物音に気がつくことがある ・車のナンバーや時刻表の数字など、特に意味のない情報に注目することがある ・相手の顔を見てもその人が考えていることや感じていることがわからない ・あることを、他の人がどのように感じるかを想像するのが苦手 ・他の人の考え(意図)を理解することは苦手

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

この記事は、最初に「【A】と【B】のどちらに多く当てはまるか、みなさんチェックしてみてください。」と書いてあります。

こう書いてあると、【A】か【B】のどちらがあてはまるかを考えてしまいますね。「【A】も【B】違う」という別の選択肢がスポっと抜けてしまいます。

これではまるで自分が、【A】のアスペルガー症候群、【B】のADHD(注意欠如多動性障害)のどちらかに当てはまっているような気分になってしまいます。多くの人はどちらでもないはずなのですが…。

こうした記事の誘導には、気をつける必要があります。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です