「1日1万5000歩」が健康維持の新常識

スポーツ

  • 1,007
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.lifehacker ライフハッカー 2017.04.01 UPDATE

1491033256nBs5l4Le6Q

「1日1万歩歩くと健康に良い」とよく言われていますが、最近の研究によれば、1日1万歩は全然歩かないよりはマシですが、十分とは言えないようです。 スコットランドのグラスゴーで働く郵便局員を対象に行われた研究が『International Journal of Obesity』に発表されています。同研究の被験者はオフィスで内勤する局員と主に徒歩で郵便物を配達する局員で構成されています。各被験者にアクティビティ・トラッカーを装着させて、肥満度指数、ウエストサイズ、血糖レベル、コレステロールプロファイルを調査の期間を通して測定しました。これらは、どれも心疾患のリスクファクターです。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

1日1万歩の次は、1日1万5000歩…もっと歩いがほうがよいということですが、何を基準にしているのでしょうか?

この記事を読むと、この研究では1日1万5000歩あるく人と、それ未満の人で、心疾患を発症するリスクについて比べているようです。

では1日1万歩では、心疾患を発症するリスクはどだったのでしょうか?

1日1万5000歩が新常識というのであれば、1日1万歩との差が知りたいところです。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です