[コウノドリ先生 いのちの話]うさんくさい情報にご注意

病気・医療

  • 861
  • 0
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co 読売新聞 2017.04.01 UPDATE

学生や市民向けの講座で話す時、必ず申し添えていることがあります。「リテラシー」についてです。リテラシーは、情報の虚実を 峻別 する能力という意味で使われています。素直で真面目な人が多いからか、活字媒体や公共の電波が紹介する情報は真実だと思い込んでしまう傾向にあるようで、そうならないよう戒める言葉でもあります。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

産婦人科に関係する都市伝説について、必ずしも間違いとは言いきれず、だまされやすくなっている、と説明しています。

なぜ間違った情報でも多くの人が信じてしまうのか、考えるのは大切だと思います。それを逆手に取れば、本来の正しい情報を、多くの人に伝えるコツを見つけることにもつながるはずです。

記事の最後、「全てオーガニックの江戸時代」という言葉に、くすっと笑ってしまいました。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です