脳動脈硬化をイヤホンで検査、進行度合いを高精度に計測 (ニュースイッチ)

健康・予防

  • 967
  • 0
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.03.25 UPDATE

岐阜大が技術。血管健康管理のシステム開発につなげる  岐阜大学の野方文雄名誉教授と横田康成工学部教授らはイヤホン型の器具を使い、振動波形によって頭内血管の動脈硬化度合いを検査する技術を開発した。耳穴から鼓膜までの外耳道を構成する「外耳道壁」の微少な振動を計測・解析するもので、データ取得は2―3秒で済む。高精度なエコー検査結果との相関づけにより高い信頼性を確保した。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

脳血管の動脈硬化の進行具合がわかる、イヤホン型のセンサーの技術を開発したというニュースです。

おもしろそう!と思う反面、動脈硬化の進行具合が簡単にわかってしまうのもなんだかこわい気もします。

動脈硬化がわかった場合に、その次にどうしたらいいのかも合わせて、このセンサーを使う人に示していけるといいですね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です