1日1個のリンゴがタバコから肺を守る!? 「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」に一筋の光明

健康・予防

  • 1,410
  • 1
  • 0

favicons?domain=healthpress ヘルスプレス 2017.03.18 UPDATE

1489810859MaAA0cthvY

「タバコは身体を蝕む」「百害あって一利なし」――これらの警告は喫煙者には<耳にタコ>、すでに言い尽くされたことかもしれない。  ところが、リスクが大きく世界的に主要な死因でありながら、いまひとつ認知されているとは言えないのが「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」だ。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

1日1個のリンゴがタバコから肺を守る? 本当でしょうか?

この記事には、「喫煙歴にかかわらず、特定の果物や野菜を1日5皿以上食べていた人は、2皿のみの人に比べてCOPDの発症リスクが35%も低かった。」とあります。

この「喫煙歴にかかわらず」というのは、喫煙歴がある人とない人を統計的に調整すると、という意味です。

「タバコを吸っていても、果物や野菜を食べれば肺への害はなくなる」といういふうに解釈するべきではありません。

このタイトルは、この記事にある研究結果を誤って伝えていると思います。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です