最期まで口から食べるために KAIGOスナックの挑戦

食事

  • 873
  • 0
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル 2017.03.18 UPDATE

昨年12月初旬の金曜夜。東京都府中市の「昭和の雰囲気」漂う、とあるスナック。カウンターの中では、ママ2人が赤ワインや梅酒ソーダにとろみ剤を加えたり、のみ込みやすく加工された筑前煮を盛りつけたりしていた。  「みちこママ」は、歯科医の亀井倫子さん(38)、「ゆうこママ」は管理栄養士の林裕子さん(33)だ。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

とろみのついた赤ワインや梅酒ソーダ、のみ込みやすく加工された筑前煮。私もぜひ試食してみたいです。

まずは食事をのみ込む力を保つことが大切ですが、加齢や病気などのために、それが難しくなることもあると思います。

そうなったときにも安心して通える、なじみのお店があるといいですね。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です