がんは遺伝する? 医学的に「がん家系」は実在するのか (All About)

病気・医療

  • 908
  • 2
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.03.06 UPDATE

「がん」という病気は、成育環境や生活習慣などの生活環境、また加齢でDNAに傷がつくこと、そして遺伝的要因という3つが原因となって発生します。家族や親戚にがんになる人が多い場合、「がん家系」という言い方をすることがあります。実際、がんの中でも大腸がん、乳がん、子宮体がん、卵巣がん、胃がんなどの一部については、遺伝が大きく関連している可能性があると言われています。

記事全文を読む

14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76

尾瀬功

愛知県がんセンター研究所 疫学・予防部 主任研究員 医師 博士(医学)

 がんは遺伝するのか?という問題についての記事です。丁寧に説明されており、医学的にも正確な記事になっています。

 補足すると、がんは髪や肌の色のような遺伝(メンデル遺伝と呼ばれる、生物の授業で習うような遺伝)はしません。がんになりやすい変異遺伝子もありますが、最強にがんになりやすい遺伝子を持っていたとしても、全員ががんになるわけではありません。
 また、人間の遺伝子を操作することは倫理的にも技術的にもできませんので、対策としては記事にあるように、生活習慣や検診といった一般的な対策が一番大事になります。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • 14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です