高齢者+若者=支え合い 京都で“次世代下宿”広がれ (京都新聞)

健康・予防

  • 805
  • 2
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2017.03.01 UPDATE

高齢者が自宅の一室を若者に貸し、交流しながら同居する次世代下宿「京都ソリデール」事業を京都府が進めている。1月に京都市北区で初の同居が始まった。若者と高齢者が支え合う新たな試みで、学生が全国から集う京都で今後、どこまで広がり定着するのか、動向が注目される。  次世代下宿はヨーロッパ発祥で、日本では福井県や東京都でNPO法人などが既に取り組んでいる。ソリデールはフランス語で「連帯(の)」の意味。若者は低家賃で下宿ができ、高齢者には見守りや住居の有効活用という利点がある。  府は若者の将来的な定住化につなげたい考えで、2015年度から事業を準備してきた。下宿する部屋の整備などにかかる住宅改修費用を最大90万円まで補助する制度も設けた。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

大学の近くでと若者と高齢者が同じ家に住む、シェアハウスの取り組みです。

一緒に暮らすには、ある程度の気遣いや気配りも必要です。ただ、できるだけ費用を抑えて大学の近くに住みたい若者にとっては便利ですね。高齢者にとっても、誰かが家にいることが安心感につながる方もいると思います。

一人で暮らすこともできますが、こういった選択肢もあるといいですね。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です