「親に構って貰えなかった」子どもに現れる4つの特徴

メンタル

  • 1,723
  • 3
  • 0

favicons?domain=wooris WooRis(ウーリス) 2017.01.28 UPDATE

1485567944fv0cpn9yWK

仕事に追われていたり、家事で忙しかったりで、気がつくと子どもに全然構ってあげられてない、なんてことありませんか? 四六時中、子どもに付きっきりになれるわけではありませんが、子どもに構ってあげられないことが日常になってしまうと、確実に子どもの行動にマイナスな影響が出てきます。

記事全文を読む

14836823301c376c09ac650733c818b3d5a7fc4efd

雨宮 愛理

医師 公衆衛生学修士

“親に構って貰えなかった子どもに現れる特徴”として、乱暴になる、自信がないなどをあげている記事です。

あの時子どもに構ってあげられなかったなと思い当たるお父さん、お母さんにとっては気になる記事ですね。

でも「構ってあげられない」にもいろいろあるはずです。子どもの命が危なくなるようなネグレクト(育児放棄)とよばれる状態もあれば、料理中にうわの空で返事をしてしまったということも。うわの空の返事は一日のなかで誰にでもありそうです。

「構ってあげられない」の状況や程度によって、子どもの受ける影響も違います。それを“親に構って貰えなかった子どもに現れる特徴”としてひとまとめに扱うのは、少し乱暴のような気がします。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です