食中毒:ヒグマの肉食べた15人が症状 旋毛虫検出 水戸

健康・予防

  • 900
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.msn 毎日新聞 2016.12.24 UPDATE

148255350565G6GyEFsq

茨城県は23日、水戸市南町3の飲食店「ビゴリ」で11月24日~今月8日に、ローストされたヒグマの肉を食べた20~50代の男女計15人が、発熱や発疹などの食中毒症状を訴えたと発表した。1人が入院したが重症者はいないという。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

今回の食中毒が熊肉の生食で起きたのかどうか記事ではわかりかねますが、獣肉の生食は大変危険です。寄生虫の被害は急な症状が出る食中毒だけでなく、北海道でみられるエキノコッカスによる肝臓などの臓器障害など、長い年月を得て死に至る危険があるものもあります。

とはいえ馬刺しなどはおいしいですね!法の下に適切に管理された方法で処理された獣肉以外には十分気を付けたいですね。

鶏肉の刺身もよく見かけますが、カンピロバクター腸炎を結構な確率で引き起こします。健康な人であれば命を落とすことは少ないですが、数日間、下痢や嘔吐をはじめとした様々な症状で苦しみます。

厚生労働省の情報ページ: http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000126281.html

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です