女性医師が担当した患者は生存率が高まる傾向 研究が示唆 〈AFPBB News〉

病気・医療

  • 1,121
  • 11
  • 3

favicons?domain=dot.asahi dot.ドット 朝日新聞出版 2016.12.22 UPDATE

医療施設での治療で女性医師が担当した高齢者は、男性医師が担当した場合よりも生存率が高く、再入院の程度も低いとする研究論文が19日、発表された。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

女性の医師が担当した入院患者の方が、男性医師が担当した入院患者よりも死亡率と再入院率が低かった、という研究です。

日本でも同様な傾向が見られるのか、興味深いですね。

単一の研究だけで結論はできませんが、子育てや介護などで、せっかく医師の免許を持っていても働いていない医師はたくさんいます。女性医師の方がそういう方が多いようです。働きやすい環境を作って、病院で働く女性医師が増えると患者にとってもメリットがあるかもしれませんね。

著者の津川さん自身による詳しい解説はこちら
https://healthpolicyhealthecon.com/2016/12/19/physician-gender-and-patient-mortality/

  • 11
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1429007538dc08dd2db76c40ca5766ac8c1961d0af
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 1436232346ECA43gVlg5
  • 1461730831VlllkFSepb
  • usericon_noimage
  • 1468625396Q8f5wE5pA6
  • usericon_noimage
  • 1429131345XR5ivW3dIQ

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です