米医師ヘンリー・ハイムリッヒ氏死去 誤えん対処法考案

病気・医療

  • 800
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.asahi 朝日新聞デジタル 2016.12.19 UPDATE

 ヘンリー・ハイムリッヒさん(米医師)AP通信によると17日、米オハイオ州シンシナティの病院で死去、96歳。  74年に、食べ物などをのどに詰まらせた人を助けるため、背後から抱きついて拳で腹部を圧迫し、突き上げる方法を考案。「ハイムリッヒ法」と呼ばれるようになり、世界各地で多くの命を救ったとされる。今年5月には、老人ホームで女性を助けるため自ら実践し、「緊急時に自分でハイムリッヒ法を使ったのは初めて」と明らかにして話題となった。

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

寒くなって餅を食べる季節になってきましたが、窒息には気を付けたいですね。日本医師会に救急蘇生法のページがあるので高齢者や子供と一緒に住んでいる人は一度見ておくといいかもしれません。腹部突き上げ法の説明がありますが、ハイムリッヒ法とも呼ばれます。
https://www.med.or.jp/99/kido.html#fukubu

今年の5月に、ハイムリッヒ法を考案したハイムリッヒさんが、窒息しかかった人に人生で初めてハイムリッヒ法を実践して助けた、というニュースが流れ、ハイムリッヒさんってまだ存命なのか、と思ったのですが、残念ながら亡くなられたようです。BBCの記事によるとアメリカだけでこの方法で10万人が救われ、その中にはレーガン元大統領や女優のエリザベス・テイラーも含まれ、またクリント・イーストウッドもこの方法で人助けをしたことがあるようです。
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-36400365

窒息時の対処も大事ですが、誤飲しないように予防にも気を付けましょう。小児科学会のこどもの救急とか、いろいろ参考になりそうです。
http://kodomo-qq.jp/jiko/index.php?pname=jiko_chissoku

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 1436232346ECA43gVlg5

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です