感染性胃腸炎、早めに流行…二次感染対策・トイレのタオルは各自専用に

健康・予防

  • 962
  • 5
  • 0

favicons?domain=rss.rssad 読売新聞の医療・介護・健康情報サイト「yomiDr.(ヨミドクター)」 2016.12.12 UPDATE

1481512323eaD0nhEWJ9

 ノロウイルスなどを原因とする感染性胃腸炎が、例年より早めに流行し出した。うがい、手洗いなどの予防はもちろん、家庭内で発症した場合に二次感染を防ぐことにも注意を払いたい。  さいたま市のパート女性(35)は11月下旬、感…

記事全文を読む

1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d

菊池宏幸

東京医科大学公衆衛生学分野 講師

感染性胃腸炎の流行は毎年のことですが、子供や高齢者では脱水等を引き起こす危険があるので、注意したいですね。

この記事では、とてもわかりやすく対策の手順が紹介されているのですが、消毒剤について触れられていないのが惜しい。

消毒と聞いてすぐ思い浮かぶのは「アルコール」ですが、実は「アルコール」は胃腸炎の原因であるノロウィルスには効きません。そのため、消毒には、「次亜塩素酸」(商品名:ハイター等)を用いる必要があります。

この点を誤解されている人もまだ多いはず。ぜひ次回の記事では、消毒液についても触れてもらいたいなぁ、と感じました。

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です