7人に1人の子供が大気汚染下で生活、大半は南アジア=ユニセフ (ロイター)

健康・予防

  • 557
  • 2
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2016.12.06 UPDATE

国連児童基金(ユニセフ)は31日、世界の子どもの約7人に1人に相当する約3億人の子どもが、高レベルの大気汚染の中で生活しているとの報告書を発表した。うち2億2200万人は南アジアだという。

記事全文を読む

1447395394abc6e563a9f5b1a6ead1f3eecf05dfd5

大西一成

聖路加国際大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授  博士(医学) 環境疫学 公衆衛生学

「大気汚染」というと中国の北京が連想されますが、モンゴルそしてインドなど南アジアにおいても深刻な事態で関心が高まってきています。通常の衛生マスクを着用すると、数時間でフィルターが真っ黒になってしまいます。
この様な国々での主な発生原因の一つである石炭は、比較的手に入りやすく料理や暖をとるためには不可欠な資源ではあります。WHOは現状況の打開策として使用を制限するようにと呼びかけました。
国ごとに抱える貧困問題や経済問題、環境整備問題を一直線上に捉えないと、単に石炭の使用を制限することでは、大気汚染は何ら解決することはないだろう。
今、世界一丸となって立ち向かわなければ、数年先の生活でさえ安全が危ぶまれます。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です