<東北大>大気汚染物質原因のアトピー解明

病気・医療

  • 1,302
  • 1
  • 0

favicons?domain=www.kahoku.co Yahoo!ニュース 2016.11.30 UPDATE

1480478156dnSPWXj8yX

東北大大学院医学系研究科の山本雅之教授(医化学)らの研究グループは、大気汚染物質が原因で引き起こされるアトピー性皮膚炎の仕組みを解明したと発表した。大気汚染物質が特定のタンパク質を活性化させて神経が発達し、皮膚に強いかゆみを誘発していた。

記事全文を読む

1447395394abc6e563a9f5b1a6ead1f3eecf05dfd5

大西一成

聖路加国際大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授  博士(医学) 環境疫学 公衆衛生学

Nature Immunologyに掲載された論文のニュースです。
タイトルの「大気汚染物質」というのは総称なので、大気汚染物質の何が皮膚炎と関係するのか?と思います。
大気汚染物質の一つであるPAHs(多環芳香族炭化水素類)と「AhR」が結合活性することで、アルテミンという神経を成長させるタンパク質が増産される。その結果、かゆみの感覚神経が伸びるという機序をマウスによって解明したという内容です。
皮膚炎を誘発するタンパク質を抑えれば治療につながるのではということです。アトピー性皮膚炎の新しい治療法へ向けた研究の貢献に期待したいですね。

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です