薬剤耐性菌啓発に本腰 医療現場へ悪影響深刻

病気・医療

  • 689
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経新聞 からだ 2016.11.29 UPDATE

1480412281y1pAxeHp4q

抗生物質(抗菌薬)が効かない細菌、薬剤耐性菌が各国の医療現場で広がり、大きな問題になっている。新しい抗菌薬の開発は低調なため、抗菌薬を「本当に必要なときに正しく使う」適正使用で、耐性菌の出現や拡大を抑えることが大切だ。医療者と市民双方への啓発活動を展開している世界保健機関(WHO)や欧米保健当局に倣い、日本も啓発に本腰を入れることを決めた。

記事全文を読む

14470668971477880a6ccd276940fee5df6833d2c2

松下綾

ウエルシア薬局株式会社 薬剤師 筑波大学 大学院 在学中

問題になっていますよね…薬剤耐性菌。
記事にも書かれていますが、いわゆる「ただの風邪」に抗生剤が処方されている例をよく見ます。
患者側にも「抗菌薬を飲んだほうが早く治るから」という意識があり、医師にリクエストをする場合もあるようです。
しかし、よく知られていることですが、風邪の原因はほとんどウイルスですから、抗生剤は無効です。
このあたりの患者の認識も変えていき、抗生剤の適切で最小限な処方、広がっていくと良いと思います。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • 143218123062e4ba92b4eae69e49f1441b3fa2c1ee

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です