ストレッチで「ぎっくり腰」に! 静的ストレッチで筋肉をゆるめた結果……

スポーツ

  • 1,662
  • 4
  • 0

favicons?domain=healthpress HealthPress 2016.11.29 UPDATE

1480387938mJT37Rma2v

「筋肉が硬いのでストレッチをしましょう」というアドバイスを受けた人は多いだろう。ストレッチは筋肉を柔らかくする効果があり、確かに有効な場合が多い。だが、それも状況によって変わる。

記事全文を読む

1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3

中田由夫

筑波大学 医学医療系 准教授 博士(体育科学)

ストレッチには動的ストレッチと静的ストレッチがあります。動的ストレッチは体操のように、からだを動かしながら筋肉を伸ばす運動です。静的ストレッチは、筋肉がのびる姿勢をとり、からだを動かさずに、じわじわと筋肉を伸ばす運動です。目的に応じて、両方のストレッチが広く用いられています。

さて、この記事では、静的ストレッチをおこなうと、筋肉がのびきってしまい、瞬間的な反応ができなくなり、ぎっくり腰になる可能性を高めてしまう、と述べられています。理学療法士の方による記事ですので、もしかしたらそういう側面があるのかもしれませんが、残念ながら文献等が示されていませんので、その真偽は分かりません。わたしも一応専門家ですが、静的ストレッチが原因でぎっくり腰になったという話は聞いたことがないので、本当かなぁ、と疑っているところです。

困ったときに役立つサイトとして、Mindsというさまざまな診療ガイドラインをまとめているサイトがあります。
http://minds.jcqhc.or.jp/n/medical_user_main.php
このサイトで、「筋・骨・関節」に分類されている疾患の中で、「腰痛」というワードがあります。このワードをクリックすると、「腰痛診療ガイドライン2012」というガイドラインを参照することができます。その中で腰痛予防についても触れられており、「運動療法は腰痛の発症予防に有効である(Grade B)」とあります。その運動療法の内容としては、腹筋・背筋の増強訓練、ストレッチング、持久性運動が挙げられています。ストレッチについて、特に動的、静的という区別はありませんが、ストレッチングが腰痛予防に有効であると述べられていますので、とりわけ静的ストレッチを制限しなくても良いのではないかと思います。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 1434326786qcEsunBYvv
  • 1436232346ECA43gVlg5
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です