薬物依存症に「なる人」と「ならない人」の違い (読売新聞(ヨミドクター))

健康・予防

  • 919
  • 4
  • 0

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2016.11.05 UPDATE

今年の5月、ある著名人が覚せい剤取締法違反で逮捕されました。その際、その人が逮捕される際に麻薬取締官に言った、「ありがとうございます」という発言が、マスメディアのあいだでちょっとした話題になったのを覚えているでしょうか? 

記事全文を読む

usericon_noimage

酒匂 赤人

国立国際医療研究センター国府台病院総合内科医師 公衆衛生学修士

薬物依存にしても、アルコール依存(による飲酒運転)にしても、どうしても本人の意志の弱さのせいにしてしまい、罰を与えて努力を求めるだけになりがちですよね。もちろん悪いことだし、罰を受けることは必要だし、本人の努力も大事ですが。喫煙もニコチン依存症で、ただ本人の努力にゆだねるよりも禁煙治療を受けたほうが成功率が高いことがわかっていますし、刑罰のみで終わるのではなく、治療や更生や社会復帰につなげていくような仕組みがもっと必要ですよね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • 14321976593JHAhAtEyp

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です