喫煙で遺伝子に多数の変異! 肺や喉にがんの危険性高める 国立研究センターチームが発表

健康・予防

  • 2,641
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経新聞 からだ 2016.11.04 UPDATE

1478228996Wf6Q13ymKc

たばこを吸う本数が多いほどDNAが傷つきやすく、1日1箱を1年間吸い続けると肺の細胞では遺伝子に150個の変異が生じるとの研究結果を、国立がん研究センターなどの国際チームが4日付の米科学誌サイエンスに発表した。

記事全文を読む

14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

田淵貴大

大阪国際がんセンターがん対策センター 疫学統計部 副部長 医師 博士(医学)

研究成果としては当たり前の結果が得られたにすぎません。ただし、こういう研究が実施され、報道されることは人々にあらためて「喫煙の害」について知ってもらう機会とできます。
 この喫煙による大きな害を防ぐための解決策は、新しく研究するまでもなく、明らかです。タバコの値上げをして、屋内全面禁煙にして、人々みんなにタバコの害をしっかりと認識してもらい、喫煙者が禁煙できるように支援し、タバコのない社会を実現することです。世界中の多くの研究で、こうすることが求められています。

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • 1456193676afe445df5d762525fab51e82d97914e1
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です