「たばこのない五輪」に向け罰則付き禁煙対策 「多数の人が利用する施設」は全面禁煙

健康・予防

  • 1,228
  • 3
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経新聞 からだ 2016.10.18 UPDATE

1476717150R8J1dBPPop

2020年に開催される東京五輪・パラリンピックに向けて、病院や学校の敷地などを全面禁煙にし、罰則付きの法制化を目指した厚生労働省の受動喫煙防止対策案が波紋を広げている。塩崎恭久厚労相は14日の記者会見で「罰則を伴う対策はオリンピック開催国でみんなやっている」と強調。「世界最低レベル」とされる日本の受動喫煙対策が本格化する。

記事全文を読む

14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108

田淵貴大

大阪国際がんセンターがん対策センター 疫学統計部 副部長 医師 博士(医学)

厚生労働省が今年9月に公表した通称タバコ白書、「喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書(下記URL参照)」を契機として日本でも受動喫煙の害に対する認識が高まり、受動喫煙防止対策として屋内全面禁煙化を推進する動きが活発になってきています!詳しくはタバコ白書の第3章を読んでいただきたいですが、現状日本のタバコ対策は遅れています。東京オリンピックを控えた今まさにタバコ対策を全力で推進するべき時期を迎えています。
 タバコは日本人の死因に最も寄与している可変可能な要因だと分かっています。タバコ対策の重要性をみんなで共有して、まずは近くの環境の屋内禁煙化を進めることから、日本全体の屋内禁煙化が達成されるよう努めていきたいと考えています。タバコ問題は受動喫煙という他社危害の問題でもあり、みんなの問題です。皆さんからの賛同が対策推進の力になります。できるだけ多くの人に理解してもらえるようにアドボカシー活動・草の根活動にみんなで取り組んでいきましょう!

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000135586.html

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!0
  • usericon_noimage
  • 1456193676afe445df5d762525fab51e82d97914e1
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です