病院、学校を全面禁煙、飲食店には喫煙室 受動喫煙対策で厚労省

健康・予防

  • 1,216
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経新聞 からだ 2016.10.13 UPDATE

1476339480COgYKdStS5

厚生労働省は12日、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、病院や学校を敷地内全面禁煙とする受動喫煙防止対策をまとめたことを明らかにした。飲食店やホテルなどサービス業は喫煙室を設置することを認める。10月末にも作業部会を立ち上げ関係団体から聴取した上で、違反した場合、施設の管理者だけでなく喫煙者本人にも罰則を適用する法律の制定を検討している。

記事全文を読む

14778355472820234ddcab0fc9f6d5b0956459cf2d

田中宏和

現在の日本の受動喫煙防止については、法律では健康増進法による努力義務にとどまっています。

東京五輪・パラリンピックを目標に整備するのもいいかと思いますが、そもそも受動喫煙防止対策を進めるのは東京五輪・パラリンピックを開催するからではありません。タバコによる健康被害を防ぐためです。

できるだけ早く罰則規定をつけた受動喫煙防止のための法律の制定が望まれます。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 14279372274c08aa32939127469cb8d4d052380108
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です