もし食べてしまったら…毒キノコの種類と対策法 (All About)

食事

  • 941
  • 1
  • 1

favicons?domain=headlines.yahoo.co Yahoo!ニュース 2016.09.14 UPDATE

■1500種中、食用可能なキノコはわずか300種 キノコはカビと同じ菌類。菌糸と呼ばれる細胞が成長し、子実体と呼ばれる、我々が目にする形のキノコになり、胞子を作って、繁殖していきます。子実体の多くは傘を持ったような形をしています。

記事全文を読む

1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73

近藤尚己

東京大学 大学院医学系研究科 健康教育・社会学分野 保健社会行動学分野 准教授 医師 社会疫学者

「知らないキノコは食べないように」

当たり前ですが、これにつきますね。

毒キノコを覚えるのではなくて、食べられるキノコを覚えることがキノコ狩りを楽しむにはいいそうです。

毎シーズン1個か2個の食べられるキノコを覚えれば、年々いろんなキノコを採れるようになります。毎年2つ覚えれば5年で10種類。それだけ知ってたらちょっとしたキノコ博士ですね!

  • 1
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1432885578201d659b7d06ef2faacd52747df07eec

この記事へのコメント

  • チェコ人のお友達がいます。たまに日本に来てファッション雑誌のモデルをしたりするのですが、撮影の合間に歩いたりジョギングしたりするのが好きな人です。ある時、撮影の合間に公園を歩いていたら、キノコがあったそうです。知らないキノコだったから、食べてはいけないと分かっていたけど抗えなかったと、一口かじったそうです。その夜は大変だった、目が回って下痢と嘔吐で眠れなかったといってました(私はその程度でよかったねと思いましたが)。翌日の撮影は顔面蒼白、フラフラだったが、カメラマンは「いつにもまして(青)白くてきれいだ」と言っていたというところに笑いましたが、キノコを見るたびに思い出す話です。知らないキノコを食べてはいけません。

    このコメントにいいね!する

    0

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です