「機能性表示食品」を摂っても太る人のNG習慣

食事

  • 901
  • 8
  • 0

favicons?domain=diamond ダイヤモンド・オンライン 2016.09.14 UPDATE

1473842129pvzcwDz22F

「目の調子を整える」「脂肪の吸収を抑える」「血糖値を抑える」などそのフレーズから思わず手が伸びてしまう機能性表示食品。しかし、摂り方を間違えると肥満などにつながる可能性もあります。そこで今回は、今注目の「機能性表示食品」の賢い活用法についてお伝えしていきます。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

昨年始まった食品の機能性表示制度。
これによって表示が可能となった機能性表示食品は、これまでの特定保健用食品とは異なり、その商品の臨床試験などを実施しなくても、関連する研究論文などを提出すれば、業者の責任で機能性を表示できる食品です。

この制度の在り方は、運用を開始した後も議論が続いており、問題点も指摘されています。
消費者庁でも、現在このような会議を開催し、検討中です。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/other/kinousei_kentoukai.html
まだまだ今後も動向を見守りたいです。

この記事の「栄養素はチームで働いているため、ある特定の成分を摂るだけでは健康にはつながりません。やはり基本の健康的な食生活があってはじめて効果が期待できます。」というコメント、もっともです。
日常的に摂取しているあたりまえの食品に大切な栄養素は十分含まれていて、それらを日々摂取することの方が大切なように感じます。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!4
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です