Instagramの投稿内容とうつ病の関係を示した論文が発表。精神状態と特定フィルター使用率の相関が明らかに

メンタル

  • 2,391
  • 4
  • 0

favicons?domain=japanese.engadget Engadget Japanese 2016.08.22 UPDATE

1471600048FM8mAyllHs

写真共有SNS Instagramの投稿内容からうつ病の兆候を見つけ出す趣旨の論文が発表されました。 英国の物理・情報科学研究者アンドリュー・G・リース氏とクリストファー・M・ダンフォース氏の研究チームは、Instagramにアップロードされた写真の色味、メタデータ構成と顔検出アルゴリズムなどから得た統計的な特徴を機械学習を用いて分析し、うつ病のマーカーを同定することに成功したと発表しています。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

最初、この記事は論文のタイトルもジャーナル名もリンクも全くなくて、どうやって元論文に当たればいいんだろう・・・と思ったのですが、論文へのリンクが追加されたようです。いやあ、ネットメディア各社におかれましては、原典へあたるために最低でも論文のタイトルを正確に記載するか、ジャーナル名と出版年巻号ページの表記、元論文へのリンクをお願いしたいです。

 まあそれはさておき、この論文へのリンクがあったことで、「うつ」は何を元に診断していたのかなど、色々疑問が解決されました。記事の内容もおおむね論文の通りでした。ただ、論文にも対象者の性別や年齢分布など、基本特性の部分の記載が弱いので(うつの対象者の性別聞いてないって書いてありました)、うつへの予防的アプローチとしてこういった写真投稿アプリが用いられる可能性はあるものの、どういった層が対象となるのか、できるのか、など細かい議論ができないのが残念な点です。とはいえ、これは記事の問題ではなく論文の問題なのですがこういった研究の問題点も、元論文に当たることで浮き上がって議論ができるので、ぜひリンクを載せることを当たり前にしていただきたいところですね。

  • 4
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です