日本人の減塩、依然進まず 食品・食生活の把握が先決

食事

  • 2,220
  • 5
  • 0

favicons?domain=www.sankei 産経新聞 からだ 2016.08.18 UPDATE

1471508083cOXAGzIanB

塩(ナトリウム)の取り過ぎは高血圧の原因となり、動脈硬化から脳血管や心臓の疾患にもつながる健康の大敵だが、日本人の減塩はさほど進んでいないことが分かってきた。食文化が変化し、原因とされたみそ汁や漬物だけの問題でなくなったらしい。

記事全文を読む

14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4

児林聡美

東京大学大学院医学系研究科 社会予防疫学分野 特任助教 保健学博士、公衆衛生学修士、農学修士

どんなものを食べたらよいか、避けたらよいかを考える前に、まずは今、何をどれだけ食べているかを知りましょう。
そうすることでとるべき行動が見えてきます。

何よりも優先すべきは実態把握。
その大切さをたくさんの人に知っていただきたいと思います。
多くの方に読んでいただきたい記事です。

ちなみに、この記事の中で話題になっている「食塩の実測」の研究とはこちら。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25111316

  • 5
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • usericon_noimage
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d
  • usericon_noimage
  • 1446824230a2076df5f42a4a163fa7ac27edc00150

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です