食事革命 vol. 4 白い砂糖を断つ。

食事

  • 5,124
  • 17
  • 3

favicons?domain=magazineworld 長友佑都の食事革命 2016.08.24 UPDATE

「このままの食事では、アスリートとしての武器にならない」 管理栄養士の石川三知さんにそう指摘され、僕は俄然やる気になった。食事についてもっと学ばなければという気持ちに火がついたのだ。 なにしろ昨シーズンは肩の脱臼、大腿屈筋群の負傷などのケガに悩まされ、思うようにパフォーマンスが発揮できなかった。今、食事でカラダの内側から変えなければ、コンディションは上がっていかないと実感したのだ。

記事全文を読む

1468394389f93b2765c5048342b755e060852c3d78

今村文昭

ケンブリッジ大学医学部 MRC疫学ユニット

サッカー選手の長友佑都氏が白砂糖を絶っていて、それが調子につながっているのではという記事。

この記事のよいところは、監修がついているという点です。巷の記事には、どこから引用されたのか不明な内容だけといったことが多いので、監修がついているのは好感が持てます。

しかしながら内容は残念です。

長友選手が、個人的にどう書こうが自由でよいと思います(本当に原文のままなら)。しかし内容的には突っ込みどころが多くなってしまっています。監修の石川三知という方は有名なアスリートの栄養管理などをしている方のようですが、こうした記事の監修は慣れていないのではと思います。

「砂糖は避けた方がよい」のはなぜかということについては、多くのメカニズムが考えられます。しかし、この文章、そして石川氏のコメントは、「血糖値が急に下がること」が理由と考えられると語っています。これは厄介です。

食事をした後、血糖値が食事をする前よりも下がってしまうことを「反応性低血糖」と呼びます。糖尿病の患者さんなどで血糖値が下がってしまうことが問題視され、さらに極端な食生活が注目されがちな昨今、研究領域でも話題になります。

しかし一般的にはほとんど問題視されません。血糖値の急降下は、急上昇の後に起きます。血糖の急上昇による悪影響と、急降下による悪影響と、区別することは、特別な臨床研究でない限り、不可能です。また糖分を摂取して、本当に低血糖といえるほどまで血糖値が下がる人は、一般的には多くありません。一般成人でほんの数%の人たちです。

砂糖を摂取するのがよくないのは臨床医学、疫学においてよく知られていますので、「摂らない方がよい」とするのはよいのですが、その理由として偏った内容を述べるのはよくありません。従って「急降下による悪影響」を強調する内容は不適切です。そのあたり、バランスよく書いてあればよい記事と思うのですが・・

「厄介です」と上述したのは、正しい内容の中にも、バランスを欠いた内容、私見が盛り込まれているからです。一般的に目にする記事で、「専門家らしい人」が書いた記事は、概ねこうした内容です。全ての内容がダメ、あるいは無難なら、コメントするのも簡単なのですが、いろいろな質の内容が混同してコメントも厄介になります。この記事のように、けっきょく砂糖を避けるという単純な結論の場合は問題もないのですが、行動を変えうる議論の激しい記事、たとえばがんの代替療法に関する記事など特に注意が必要です。

蛇足になりますが、記事の最後の注釈は、WHO(世界保健機構)が推奨する砂糖の摂取の上限は25グラムとあります。これは2000 kcal の食生活を送っている人の数字です。当然、スポーツ選手には当てはまりません。こうした「条件付きで正しい内容」も、厄介な事柄のひとつです。細かい数字で出せというのも困難ですので。

栄養の効果や数字を一種類で示すのは不可能です。限定した効果を述べる記事があればそれは懐疑的な視点で読むのがよいでしょう。

  • 17
  • /
  • 専門家のいいね!8
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1435675097555f1e227c312358b7e68aa871d84c1d
  • usericon_noimage
  • 1427344422d36e8d6c3a5b5376f503a0a14d955d73
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b
  • usericon_noimage
  • 14473235612ffcdccd137cf89b3ff1a78dd139aa76
  • 14485255348c7d4a55e12edae2c16bc2f81f09fec4
  • usericon_noimage
  • 14321976593JHAhAtEyp

この記事へのコメント

  • わたなべ先生、近藤先生、

    コメント、どうもありがとうございました。運動時における血糖値の研究は1920年ころから行われており、運動すると血糖値が下がることは事実として認められています。そんな歴史と多くのエビデンスもあって、糖分の補給は国際的な学会からも推奨されています。

    血糖値が下がると集中力やパフォーマンスに関わるという事を示す強いエビデンス(総説において多くの論文でみとめられる・・)はちょっとみたことありませんが、一方で糖分の補給がエネルギー消費の効率化につながることは複数の研究で認められています(一応、定量的な総説もあります)。

    血糖値が急降下する影響は(もちろんあるかも)、ちょっと根拠に乏しいですね。血糖値上昇に伴うホルモンの効果、低血糖の効果などについてなら生物学的な説明が可能です。こうした重なって起こる因子の何が原因かを特定できるエビデンスは私の知る限り弱いです。

    コメントでは述べませんでしたが、砂糖というとブドウ糖、果糖の結合したショ糖になります。血糖値というと、血中のブドウ糖のことです。果糖の効果も無視できないのでそれも厄介な点の1つです。また一般人とアスリートに関して同等に考えてよいかは今のところ不明ですね。一般的なエキササイズでは、筋肉や肝臓由来の糖で十分だろうという考えもできます。

    この手の話は代謝のあれこれと食の因子と総合的に語ることになります。記事にするのは大変ですが・・Tarzanの記事はもっとよくなるだろうと思っている次第です。

    Ref.
    IOC Consensus Conference, J Sports Sci, 2011 Suppl1
    RB Kreider et al., J Int Soc Sports Nutr, 2010;7:7

    このコメントにいいね!する

    1

  • 僕もこの記事気になりました。低血糖症、と「症」をつけるほど、の低血糖が糖尿病の治療中でない一般の人で起こることはほとんどないと思います。

    一方で長友さんのようなアスリートにとってはもしかしたら一般人では問題にならないような血糖の速めの後下が試合のパフォーマンスにも影響する、という可能性もあるかもしれないなあ、と思いました。

    この記事は糖分摂取しないことが誰にでもものすごく効果がありそうな感じの印象を与えてしまうので確かに要注意ですよね。もしかしたらこの雑誌の平均的な読者はアスリート級の人たちなのかもしれませんが。

    普段の血糖制限がアスリートの試合などのパフォーマンスにどう影響を与えるのか、科学的に検証してほしいですね!

    このコメントにいいね!する

    3

  • 大変よく理解できました!

    このコメントにいいね!する

    1

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です