東北・熊本の4県、ポケモンGOで被災地振興

スポーツ

  • 722
  • 2
  • 0

favicons?domain=www.nikkei 日本経済新聞 2016.08.12 UPDATE

1470980535htl3qs1cEg

 東日本大震災や熊本地震で被災した岩手、宮城、福島、熊本の4県は10日、スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」を活用した観光集客に乗り出すと発表した。ゲームの開発・運営を手がける米ナイアンティックの日本法人と組み、ポケモンGOと連動させた観光周遊マップを作成したり、イベントを開催したりする計画だ。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学 講師 博士(障害科学)

 自治体での活用は、すでに鳥取砂丘の事例(http://www.pref.tottori.lg.jp/tottorigo/)などがありますが、複数の県の知事がこのような発表を行うのは異例のことかと思いますが、うまく活用していただけると素晴らしい取り組みになるのではないかと思います。

 先日夏休みで女川に遊びに行ったのですが、以前から位置情報ゲームについてはIngressのイベントが開かれていたこともあって、駅前はポケストップだらけでした。また、海沿いだからか海系のポケモンが良く出てきましたし、仙台市の勾当台公園はピカチュウが大量発生するのでピカチュウ目当てのトレーナがたくさんいました。地域限定のポケモンが出現したりしたら、訪れる人も増えそうですよね。本当にこれからどのように活用されていくのか楽しみです。

 また、このような位置情報ゲームについては、ポケストップやポータルを歩いたり自転車で廻ったりすると身体活動量が増えることなどから、運動疫学会でもリンク先のような声明がすでに発表されています(https://digitalpr.jp/r/17804)。声明では活用とともにながらスマホの危険性が指摘されていますが、私たち関係者もこういったゲームをうまく利用して、地域活性とともに、多くの人の健康に寄与できる仕組みを作っていければと思います。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!1
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です