【天才か】深夜帯に活動するエージェントが発想を逆転させ地域の防犯ボランティアに登録

リフレッシュ

  • 1,146
  • 3
  • 0

favicons?domain=ingressblog Ingress速報 2016.07.28 UPDATE

1469685249mSnpo0pCHX

Ingressに熱中していると、自分の歩いたルートや突然のUターンが、見る人から見れば不審な動きにうつることもあります。そのため、職質を受けるエージェントもチラホラおり、もはや警察官にIngressを説明して勧誘するというリクルーターメダル授与必至なエージェントまで存在します。 そんな中、職質西東京周辺で深夜に活動する(深夜だとどうしても職質の機会は増えてしまうでしょう)レジスタンスエージェントが有志を募って地域の防犯ボランティアへの登録という逆転の発想を成し遂げました。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 巷で話題をかっさらっているポケモンGOですが、実はポケモンGOに先行して位置情報を使ったゲームとして同じ会社から出ているIngressがあります。ポケモンGOのポケストップやジムも間引かれているものの、Ingressのポータルを基準に設置されているんですよ。

 色々騒がれているポケモンGOですが、個人的にIngressを2年ぐらいやりこんでいる身としては、こういった位置情報ゲームのポジティブな可能性にも目を向けてほしいなあと思います。もちろん、立ち入り禁止の区域に入ったり歩きスマホや自転車、バイク、自動車に乗りながらのスマホはやめてほしいのですが、この記事のように「定期的に定点を周る」というユーザーの特性を生かして防犯ボランティアを利用するなど「可能性」に目を向けてほしいなと思っています。

 ポケモンを求めて公園などに集まるなら、今まで夜間死角となっていた公園の防犯にも役立つかもしれません。鉄道会社は自粛を求めていますが、これを機にホーム柵の設置が進めば様々な原因による転落事故が減るでしょう。コミュニティセンターや図書館、教会、郵便局はポータル(=ジムやポケステーション)になっていることが多いので、様々な人が集まる特性を生かして地域コミュニティの再構築が進むかもしれません。また、「こんなところにこんなものが!」「これはこんな由来があったのか!」「そもそも毎日通り過ぎてたけどこんな名前がついていたのか!」という地域の再発見にもつながると思います。課金アイテムのルアーを使ったところは花びらが舞っているのがわかるので、あまり夜中に花びらが舞っていると夏休みですし未成年の補導のためのパトロール巡回対象になるという話もあるようですよ。そうすると治安も良くなることが期待されますね。

 IngressユーザーもポケモンGOの話題とともに増えていて、新たに色々な可能性が広がると思うとわくわくが止まりません。以前コメントしたIngressの記事もぜひご覧ください。http://healthnudge.jp/4391

  • 3
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1444978892599a1effbbe78efcffdad6287aeefed3
  • usericon_noimage

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です