「天然=安心」ではない 添加物を怖がりすぎない 〈AERA〉

食事

  • 4,125
  • 8
  • 0

favicons?domain=dot.asahi dot.ドット 2016.07.21 UPDATE

食品添加物になんとなく嫌なイメージを持っている人は多いはず。健康被害や味覚障害などを起こすのではないかと心配になる。ただ、正しい知識を持てばそれほど恐れるものではないのだ。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 国立医薬品食品衛生研究所の畝山 智香子氏の新著と関連して公開された記事のようですね。畝山氏は食品安全blog(http://d.hatena.ne.jp/uneyama/)を以前から更新されていて、積極的に食品安全について発信を続けている方です。

 食品添加物は「添加物」というだけで忌避されることもありますが、私自身も適切な量を適切な目的を持って適切に使用すれば特に問題にならないと考えている一人です。そのために法律があるのですし、様々な安全性試験が行われているからです。
 
 そして繰り返しこのサイトでも言っているように、食品添加物を気にする前に、まず禁煙、適正な飲酒、適度な運動、を実践した方が様々な疾病リスクは大きく減少します。それらを気にせずに食品添加物を声高に批判しても疾病罹患のリスクを考えると誤差の範囲じゃないか?と思うこともあります。畝山氏の「安全性には何の問題もない。元々野菜には菌がいっぱいいて、そのままにしておくと腐る。安全性を確保しつつ便利に使えるよう添加物を使っているのに、それを嫌って栄養価の高い野菜の摂取自体を避けるほうがリスクです」というひとことには強く強く同意します。

 本の宣伝のような記事になっていますが、この本は買ってみようと思いました。

  • 8
  • /
  • 専門家のいいね!3
  • usericon_noimage
  • 1427682568bdac8173bccfdf9e21f4a0cc8fa506d3
  • 1462054317f325d6386d012f89d666629969d09d78
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • usericon_noimage
  • 14693312506B0DSTOjyi
  • 14741099177b99b8ce4af10d6cdadb0e76f03de459

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です