今年のがん新患者、初の100万人超を予測…男性は前立腺、女性は乳房が最多

病気・医療

  • 532
  • 0
  • 0

favicons?domain=yomidr.yomiuri.co 読売新聞 2016.07.15 UPDATE

2016年に新たにがんと診断される患者数は101万200人に上るとする予測を15日、国立がん研究センターが国立がん研究センター発表した。  年間の新規患者数の予測が100万人を超えるのは初めて。新たな患者数は統計を取り始めた1975年から増え続けており、約40年で5倍になった。

記事全文を読む

1427876233535b13b1fccb357df853584f7cfae900

伊藤ゆり

大阪府立成人病センター がん予防情報センター 疫学予防課 主任研究員 博士(保健学)

新たにがんと診断される患者数がついに年間100万人を超える予測、というニュースです。がん患者さんの人数はがん登録という仕組みを使って把握されていますが、最新のもので2012年に新たにがんと診断された方の人数(罹患数・りかんすう)が先日報告されました。今年のがん罹患数が報告されるのはまだ少し先ですが、これまでの傾向からちょっと先を予測して、今年はこのくらいの方が診断されるだろう、という値を出しています。

  • 0
  • /
  • 専門家のいいね!0

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です