夏本番、カンピロバクターによる食中毒が急増中! 冷蔵庫を過信せず生肉には特に注意を

食事

  • 1,015
  • 2
  • 1

favicons?domain=healthpress HealthPress 2016.07.13 UPDATE

1468316897utkLQmUAU3

水無月の6月から文月の7月へ、いよいよ夏本番。沖縄・奄美を封じ込めた梅雨前線はぐんぐんと北上し、日本列島を鈍色(にびいろ)の空で覆っている。束の間の晴れ間をくぐり抜けるように、毎日飛び込んでくるのは、食中毒の物騒なニュースばかりだ。

記事全文を読む

usericon_noimage

柿崎真沙子

名古屋市立大学大学院医学研究科医療人育成学分野 講師 博士(障害科学)

 夏場の食中毒・・・怖いですね。

 この記事でも書かれていますが、鶏肉(鶏刺し、タタキ)や牛レバーの生食を控る、肉類は十分に加熱する、調理器具よく洗う、生肉を扱う調理器具は分けて使う、手指をよく洗浄する、冷蔵庫内で生肉と他の食品を接触させない、未殺菌の飲料水を飲まない、などいわゆる夏場の調理で気を付けるようによく言われていること、を実行することが肝心のようです。

 私も最近楽なので作りおきにはまっているのですが、作り置きして保存する容器は、ガラスのものは熱湯消毒を、プラスチック類は市販のエタノールスプレーを吹きかけてから使用しています。夏場だから、ではなく普段から習慣づけたいですね。

 ああ、鶏のたたきや牛レバーがダメと書いてあるから豚レバー食べよう!なんて考えないでくださいね。豚の生食は危険がいっぱいです。以前コメントした記事もリンクを張らせていただきます(http://healthnudge.jp/2954)。

  • 2
  • /
  • 専門家のいいね!2
  • usericon_noimage
  • 142682509482f8b767dca3ad48c63db4f86377886b

この記事へのコメント

コメントする

この記事の関連キーワード

この記事と関連する記事

会員登録が必要です

すでに登録済みの方はこちら

ログイン

まだ会員になっていない方はこちら

ユーザ登録

「総合評価」に関して

HEALTH NUDGEでは、ご紹介する記事に関して、専門家の方々が3つの視点から評価をしています。

テーマの面白さ

新規性や注目度、有用性などが高く、テーマが面白いといえるか?

データの信頼性

根拠となっている研究やその他の情報がどれだけ信頼できるか?

誤解されない表現

事実解釈や結論に無理はないか(特に効果を過大解釈していないか)?

詳しく知りたい場合はこちら >

コメント編集(管理者用)

コメントを削除

キャンセル

Facebook連携


閉じる

このコメントに関する
問題の内容を選択してください





送信

送信完了

閉じる

コメント編集

会員登録が必要です